-->
クルマを買い取ってもらう際、また自動車の処分の時もどちらも印鑑証明がなければなりません。この印鑑証明について説明しましょう。印鑑証明という書類はある印鑑に対して、それが実印であるということを裏付ける目的の正式な書類です。この書類がないのであればその印鑑について実印であるという事実が証明できません。大金が動く取引になる車両の買取なので、どうしても実印が要ることになりますがその時に印鑑証明という書類が登場します。印鑑証明書をつくるにはその前に印鑑証明をしなければなりません。書類に登録するはんこは通称、実印と呼ばれていて、同じものが二つとないハンコである必要があります。実印を準備して、最寄の役場の担当部署に行けば印鑑登録できます。印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードなるものが交付され、印鑑登録手続きをしたはんこは実印ということになります。印鑑証明を発行してもらうためには役所の受付で、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を記入して印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。それから自動交付機を使って印鑑証明書を交付してもらうことができます。印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。ですので、どんなに前の印鑑証明であろうが印鑑証明としての効力は持続するのです。しかしながら自動車売却の時は効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に交付されたものでなければ無効になります。通常は有効期限などはありませんが、中古車売却の時は相手側が期限を定めていますので、自動車の買い取りを考えているのであれば、事前に手元に置いておく必要があります。

Link

Copyright © 1997 www.sportshotdish.com All Rights Reserved.